ザイザルはアレルギー症状を緩和するお薬となっています。花粉症の症状である鼻炎やアトピー性皮膚炎による皮膚の痒みなどによく効くお薬です。薬の効き目は強く眠気が少ないのが特徴となっています。

ザイザルと花粉症の男性

ジルテックの後発医薬品セチリジン塩酸塩の入手方法

ジルテックというのは、花粉症やハウスダストによる鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を抑えるお薬です。
この薬の有効成分はセチリジン塩酸塩と呼ばれるもので、ジルテックにはジェネリックの製品も含めてすべてこのセチリジン塩酸塩が配合されています。
セチリジン塩酸塩は、第二世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬に分類されます。
花粉やハウスダストなどによるアレルギー症状は、身体が免疫反応を過剰に起こしてしまうことによって生じます。
免疫系が花粉や塵などの異物を見つけると、ヒスタミンと呼ばれる物質が血液のなかに放出されます。
このヒスタミンが身体の正常な組織まで攻撃してしまうことで、アレルギー反応が引き起こされるのです。
セチリジン塩酸塩は、このヒスタミンの働きを妨げる作用を持っているため、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー反応を起こしにくくしてくれます。

セチリジン塩酸塩の入手方法

ジルテックの後発薬であるセチリジン塩酸塩の購入方法としては、ドラッグストアなどで購入するというやり方と、通販サイトを利用するというやり方があります。
通販サイトとしては、薬局などが運営しているサイトと、個人輸入を取り扱っているサイトの2種類があります。

通販サイト・個人輸入のサイト

一般の通販サイトを利用する場合、利用者はサイトの運営者から直接商品を購入するということになりますが、個人輸入であれば、サイトはあくまでも利用者の輸入を代行するという仕組みになっています。
個人輸入で薬を購入する際には購入できる量に制限があり、一定以上の量や他人の分まで購入するということはできません。
どちらのサイトでも、利用者によるカスタマーレビューなどが記載されている場合があり、製品の効果効能や副作用などを調べることができます。

ジルテックのジェネリックは病院でも処方される?

セチリジン塩酸塩は元々ジルテックという商品名で最初に発売された薬ですが、現在では多くのジェネリックの製品が販売されています。
メーカーの種類も多く、様々な名前が付けられていますが、効果効能や有効成分は先発薬であるジルテックと同じものになっています。
セチリジン塩酸塩を含む医薬品のジェネリックは、病院でも処方してもらうことが可能です。
症状としては花粉症やアレルギー性鼻炎などに対応した商品となっているので、病院からこの薬を処方してもらいたい場合には、耳鼻科やアレルギー科などを受診すると良いでしょう。
ジェネリックの製品は種類が多く、なかには形や見た目などが大きく異なるものもあります。
添加物の使用についてはそれぞれのメーカーによって異なっているので、色や味が少し違うものも含まれます。
また、ジルテックには錠剤タイプのものとドライシロップタイプのものがあり、ドライシロップタイプのものであれば服用する量を加減してもらうこともできます。
後発薬であるジェネリックのセチリジン塩酸塩にも両方のタイプの製品が含まれています。

セチリジン塩酸塩の服用方法

一般的な大人がセチリジン塩酸塩を服用する場合、10mgのものを1日1回就寝前に服用することになっていますが、7歳以上15歳未満の子供が服用する場合には5mgのものを1日2回、朝と夜に分けて飲まなくていけません。
病院でセチリジン塩酸塩のジェネリックを処方してもらう場合には、年齢や体調によって用量を加減してもらったり、飲みやすいタイプのものを選んで処方してもらうと良いでしょう。
また、飲み合わせによって一緒に飲むことができない薬などもあるため、医師には現在服用している薬についてもきちんと伝えることが大切です。

有効成分セチリジンの詳細情報はこちら
(外部サイトへ移動します)